炎症を抑える5つのサプリを紹介Anti-inflammatory


炎症には良い側面と悪い側面があります。
炎症はけがをしたときや細菌に感染したときの防御反応として、身を守る役に立っています。
しかし、一方で治癒した後もつづく慢性炎症や、老化細胞が出すSASPなどによる慢性炎症は、さまざまな病気や不調につながります。

炎症を抑える効果を持つ可能性があるサプリメント成分を、世界の大学や研究機関の論文からエビデンスベースで紹介します。

炎症を抑える成分・目次Contents

1)クルクミン
2)ケルセチン
3)DHA と EPA
4)グリシン
5)亜鉛

 

1)クルクミン

クルクミンの摂取は血漿中TNF-α(炎症に関わるサイトカイン)の濃度を低下させる。(参照論文 1)

クルクミンは炎症性腸疾患の治療を助ける。(参照論文 2)

クルクミンは不活性潰瘍性大腸炎患者の寛解を維持する上で安全で効果的。(参照論文 3)

神経変性、心臓血管、肺、代謝、自己免疫および新生物疾患に対し、クルクミンには抗炎症剤としての潜在的治療効果がある。(参照論文 4)

炎症の遺伝子を活性化し多くの慢性疾患と関わるNF-κBを、クルクミンが抑制する。(参照論文 5)


クルクミン 8つの効果と副作用

2)ケルセチン

ケルセチンは、炎症性サイトカインTNF-αの遺伝子発現を阻害する。(参照論文 6)

ケルセチンは、MCP-1などのケモカインやIL-6およびIL-8など炎症性サイトカインの放出を減少させる。(参照論文 7)

ケルセチンは、炎症関連メディエイターであるプロスタグランジンの形成を阻害する。(参照論文 8)

ケルセチンはIgEアレルギー反応の強力な抑制因子である。(参照論文 9)

クエルセチンは、ヒスタミンH1受容体のアップレギュレーションを阻害する。(参照論文 10)

ケルセチンは、ヘムオキシゲナーゼ-1の発現を増加させることにより、脳における抗炎症剤(炎症が悪化するアルツハイマーおよびパーキンソン病の保護剤)として作用する可能性がある。(参照論文 11)


ケルセチン 4つの効果と副作用

3)DHA と EPA

DHAの抗炎症性の性質は、心臓や歯肉の病気などの年齢に関係する慢性疾患のリスクを低下させ、関節リウマチなどの自己免疫状態を改善する可能性がある。(参照論文 12)

オメガ6脂肪酸に対するオメガ3脂肪酸の比率を増加させること、魚油サプリメントの摂取などによりEPAとDHAの摂取量を増やすことは、炎症過程を伴う多くの慢性疾患の発生率を減少させる。(参照論文 13)


DHA と EPA 6つの効果と副作用

4)グリシン

炎症細胞に直接作用する効果により、グリシンは炎症性サイトカインを抑制する。(参照論文 14)

グリシンは、敗血症、成人呼吸窮迫症候群、関節炎、および炎症を伴う他の疾患の治療に臨床的に有用な可能性がある。(参照論文 15)


グリシン 3つの効果と副作用

5)亜鉛

食事とサプリメントによって亜鉛の状態を改善すると、炎症性疾患のリスクが低下する可能性がある。亜鉛不足は、慢性疾患における炎症の増加および新たな炎症過程の誘発と関連している。(参照論文 16)

喘息患者への亜鉛の補給は、アレルギーによる気道炎症と気道過敏性、および血清IgEレベルを変化させ、潜在的治療法としての可能性がある。(参照論文 17)

ラットにおいて、硫酸亜鉛溶液のかん腸は大腸炎における炎症を減少させる。(参照論文 18)

亜鉛補給は、免疫系に悪影響を及ぼすことなく、アレルギー治療のための有望なツールとなりうる。(参照論文 19)

亜鉛は、NF-kBを阻害することにより、多くの炎症性サイトカインの産生を抑える。(参照論文 20)

服用ではなく怪我に対する傷薬の成分(酸化亜鉛)として、亜鉛は局所的な亜鉛欠損を補正するだけでなく、再上皮化、炎症の減少、および細菌増殖を低下させ、創傷治癒を早める。(参照論文 21)


亜鉛 15の効果と副作用

出典 References
参照論文1 : Curcumin downregulates human tumor necrosis factor-α levels: A systematic review and meta-analysis ofrandomized controlled trials. (2016年)
参照論文2 : Curcumin suppresses p38 mitogen-activated protein kinase activation, reduces IL-1beta and matrix metalloproteinase-3 and enhances IL-10 in the mucosa of children and adults with inflammatory bowel disease. (2010年)
参照論文3 : Curcumin maintenance therapy for ulcerative colitis: randomized, multicenter, double-blind, placebo-controlled trial. (2006年)
参照論文4 : Potential Therapeutic Effects of Curcumin, the Anti-inflammatory Agent, Against Neurodegenerative, Cardiovascular, Pulmonary, Metabolic, Autoimmune and Neoplastic Diseases (2008年)
参照論文5 : Activation of Transcription Factor NF-κB Is Suppressed by Curcumin (1995年)
参照論文6 : The Flavonoid Quercetin Inhibits Proinflammatory Cytokine (Tumor Necrosis Factor Alpha) Gene Expression in Normal Peripheral Blood Mononuclear Cells via Modulation of the NF-κβ System (2006年)
参照論文7 : Role of quercetin (a natural herbal compound) in allergy and inflammation. (2006年)
参照論文8 : Quercetin Suppresses Cyclooxygenase-2 Expression and Angiogenesis through Inactivation of P300 Signaling (2011年)
参照論文9 : Quercetin and Its Anti-Allergic Immune Response (2016年)
参照論文10 : Quercetin inhibits transcriptional up-regulation of histamine H1 receptor via suppressing protein kinase C-δ/extracellular signal-regulated kinase/poly(ADP-ribose) polymerase-1 signaling pathway in HeLa cells (2013年)
参照論文11 : Inhibition of iNOS gene expression by quercetin is mediated by the inhibition of IkappaB kinase, nuclear factor-kappa B and STAT1, and depends on heme oxygenase-1 induction in mouse BV-2 microglia. (2005年)
参照論文12 : Docosahexaenoic acid, inflammation, and bacterial dysbiosis in relation to periodontal disease, inflammatory bowel disease, and the metabolic syndrome. (2013年)
参照論文13 : Fatty acids from fish: the anti-inflammatory potential of long-chain omega-3 fatty acids. (2010年)
参照論文14 : L-Glycine: a novel antiinflammatory, immunomodulatory, and cytoprotective agent. (2003年)
参照論文15 : Glycine: a new anti-inflammatory immunonutrient. (1999年)
参照論文16 : Zinc and Inflammation - Age-Related Zinc Deficiency May Contribute to Chronic Disease Risk (2013年)
参照論文17 : Zinc supplementation alters airway inflammation and airway hyperresponsiveness to a common allergen. (2011年)
参照論文18 : Zinc sulphate solution enema decreases inflammation in experimental colitis in rats. (1999年)
参照論文19 : Zinc enhances the number of regulatory T cells in allergen-stimulated cells from atopic subjects. (2017年)
参照論文20 : Zinc-suppressed inflammatory cytokines by induction of A20-mediated inhibition of nuclear factor-κB. (2011年)
参照論文21 : Studies on zinc in wound healing. (1990年)

広告

広告準備中